外国人技能実習制度

外国人技能実習制度とは

SUMMARY

実習生に日本の技能や技術、知識を教えることで、開発途上国の発展に寄与する取り組みです。弊組合は開発途上国の経済を担う「人づくり」に協力することを目的に、アジア各国の送り出し機関と提携しています。企業様に優秀な人材を送り出すだけでなく、実習生に安心して実習してもらうことも大切にしており、私たちの24時間のサポート体制は、企業様・実習生の双方から好評です。

グリーンテック協同組合の特徴

FEATURES

外国人技能実習制度

一般監理事業許可(優良監理団体)を取得しているから、実習期間5年の受け入れが可能

一般監理事業団体として認可を受けている弊組合では、本来3年が期限となる実習を、最長5年まで延長可能です。そのため、実習生により専門的な知識と技術を身につけてもらえるようになりました。さらに、受け入れ人数枠の拡大や、介護職での受け入れも実現。弊組合では日本全国で組合員様のご支援ご協力を賜りながら、事業を推進しております。

特定技能

技能実習生受け入れ3,000人以上の実績!アジア圏の多くの国から実習生を選べます

弊組合は、アジアの様々な国の送り出し機関と提携しております。中国、インドネシア、ベトナム、ネパール、カンボジア、スリランカなどから、これまでに3,000人以上を技能実習生として受け入れてきました。出身国を問わず、一人ひとりに合わせたサポートで、日本での就労や生活を支援していきます。

外国人技能実習制度

優良な実習生を送り出せる環境づくりと、任せて安心の24時間サポート体制

選出した実習生が来日するまではチャットツールで定期的に面談を実施し、意欲の向上・維持を図っています。また、送り出し機関へ定期的に視察訪問し、日本語教育の環境づくりにも注力。実習生が勤めている企業様には毎月訪問し、実習状況の確認、生活指導などを行っています。弊組合では24時間のサポート体制を敷いておりますので、企業様・実習生双方にご安心いただけます。

受け入れまでの流れ

FLOW

面接から約6ヶ月で企業様に実習生を派遣します。
※あくまでオーソドックスな場合のため、受け入れる国によって多少差があります。

よくあるご質問

FAQ

Q. 外国人技能実習生をすぐに受け入れることができますか?
A. 送り出し機関での候補者面接の実施後から企業様への配属までは、約6ヶ月ほど要します。
Q. 外国人技能実習生は何人受け入れることができますか?
A. 企業様が雇用されている社員の人数により、1年間で受け入れることができる最大の人数枠が決められています。詳細は弊組合にお問い合わせください。
Q. どのような業種・職種でも受け入れができるのですか?
A. 外国人技能実習生制度の目的は、技能や技術の修得であるため、技術を伴わない単純作業やサービス業などの職種では、技能実習生を受け入れることはできません。技能実習移行対象職種に該当する事業を実際に行っていることが条件となりますが、その限りではない場合もありますので、弊組合にお問い合わせください。
Q. 技能実習生の病気や怪我などはどのように対応しますか?
A. 外国人技能実習生は入国してすぐに実習生保険に加入します。この保険は入国後の講習期間から適用され、2ヶ月間は治療費の100%が保障されます。企業様へ配属し社会保険加入後は医療費の自己負担3割分が補填されます。
Q. 外国人技能実習生の受け入れにかかる費用はどれくらいですか?
A. 受け入れられる人数や職種、国や地域などにより異なりますので、ご要望をお伺いした上でお見積もりをお出しします。詳しくは弊組合にお問い合わせください。
Q. どの国から受け入れができますか?
A. モンゴル、中国、インドネシア、ベトナム、カンボジア、ネパール、スリランカから受け入れが可能です。
Q. 労働時間の規則はありますか?
A. 基本は1日8時間、週5日間の週40時間勤務です。残業を行う場合は時間外労働休日に関する協定書(36協定書)を管轄労働基準監督署に提出していただければ、月45時間又は42時間まで残業が可能です。さらに、36協定の特別条項を結ぶと1年間に6回だけ月45時間又は42時間を超えて残業することができます。